自分にあったがん保険

あなたはがん保険がどのような保険かを知っていますか?

がんという病気になってしまった時に、通院や入院、手術などにかかる費用を賄うことのできる保険となります。
適応される主な保証とは、がんと診断されたときに支給される診断給付金、がんの治療のために入院をしたときの入院給付金、がんの手術などを行った場合の手術給付金、抗がん剤治療などで通院をされたときに支給される通院給付金などがあります。

なお、こちらのがん保険は加入して一定期間は保証されない仕組みになっています。契約後三ヶ月はがんになっても保証が受けられないので覚えておきましょう。
またがん保険は、ほかの医療保険と違い、一回の入院日数に制限がないのも特徴になります。
がんは再発のリスクや繰り返しの入院などもあるので、医療保険でのカバーしきれないところをがん保険で補えるのがメリットとなっています。

今はいろいろな種類のタイプの保険があるので、自分のタイプにあったメリットのあるがん保険をきちんと選ぶことが大切です。
自分の年齢やタイプに応じて、掛金や保障内容などは異なってきます。色々な保険を自分で比べてみることもできるので、自分に合う保険をしっかり見つけてみてくださいね。