がん保険独自の特徴

がん保険独自の特徴

平成25年人口動態統計によると約10人に3人の方ががんで亡くなっています。しかしがんは、なったからといって即死亡するというものではありません。
医学の進歩と早期発見により様々な治療方法が開発され、がんは治せる時代となっているのです。

ですが、一度かかると再発をくり返したり長期の通院による治療費が高額になる可能性があります。
そこで、こういった事態に備える保険としてがん保険が多くの人に必要とされるようになってきました。

がん保険はがんに特化した保険のため一般の医療保険とは異なり、がんに対してのみ保障が手厚くなっているため、メリットデメリットの両方があります。
がん保険に入るメリットとしては、保障の対象ががんのみのため医療保険に比べて保険料が安いこと、入院給付金の日数制限がないのでお金の心配なく治療に臨めることがあげられます。
デメリットとしては、すぐに保障が開始されるわけではなく待機期間が90日間あるため健康なうちに加入する必要があることと、当然ですががん以外の病気や怪我は一切保障されないことです。

いずれにしても、がん保険は年齢が高いと罹患率も高くなるため、保険料も割高に設定されます。
健康で若いうちから加入を検討するのも悪くないでしょう。

INFORMATION

【2016年12月01日】 
ホームページを更新しました。